おむつポーチ

赤ちゃんとお出かけする時に、あると便利なおむつポーチ。

始めの頃は子どもと長時間外に出ることはあまりないだろうから、おむつポーチは必要ないのではと思っていました。

でも、意外と外に出ることってあるんです。

生まれてから分かりましたが、赤ちゃんは健診や予防接種のために出かけなければならない機会がたくさんあります。

お出かけの度におむつの用意をするのは大変だし、1つにまとまっていると忘れ物防止になるため、おむつポーチを持つようになりました。

 

おむつポーチとは

おむつポーチとは、その名の通りおむつを入れるためのポーチのことです。

おむつポーチには大きく分けてボックス型とクラッチ型の2種類の形状があります。

 

  • ボックス型

中に仕切りやポケットが付いており、整理して入れやすいボックス型。

持ち手が付いているものが多いので、ポーチだけでもサッと持ち運べて便利です。

 

  • クラッチ型

見た目がおしゃれなものが多いクラッチ型。

おむつを卒業した後は、自分用のポーチとしても使えそうです。

 

おむつポーチには何を入れる?

私はおむつポーチに次のものを入れています。

 

  • おむつ
  • おむつ替えシート
  • ゴミ袋
  • おしりふき
  • バッグハンガー

 

ゴミ袋は使用済みのおむつを入れるために使います。

おしりふきは、持ち運びやすいミニタイプを入れています。

バッグハンガーは持っていると、とっても便利です。

おむつ替えスペースに荷物置き場がないこともあるので、バッグハンガーを持っていれば荷物に困ることなくスムーズにおむつ替えができます。

 

どんなものがある

おむつポーチを販売しているブランドはたくさんあります。

例えば下記のブランドです。

 

  • ジェラートピケ
  • 10mois
  • ハンナフラ
  • アフタヌーンティー
  • POM&MIMIE
  • DORACO

 

その他、応募者全員プレゼントでおむつポーチをもらうという選択肢もあります。

 

  • トツキトオカ×ミルポシェ

https://www.totsukitoka-apps.com/lp/milpoche/

 

  • フレフレママ

https://fmama.jp/

 

私は、トツキトオカ×ミルポシェのキャンペーンでもらったおむつポーチを使っています。

たっぷりとした作りで収納力があります。

 

おむつポーチはよく持ち歩くものなので、自分の気に入ったデザインのものにするとテンションが上がっておすすめです。

機能性 (消臭機能がある、おしりふきが内蔵されている、おむつ替えシートが付いているなど) はもちろんあるに越したことはないのですが、お出かけの時に気分が落ち込んでいてもお気に入りの物を持っているというだけで少し気分が上昇する時があるからです。

好みのおむつポーチをぜひ!

 

 

おすすめの記事